女性研究者研究活動支援事業(一般型)」事業期間満了にあたって -推進本部代表挨拶-

Home  >>  お知らせ  >>  女性研究者研究活動支援事業(一般型)」事業期間満了にあたって -推進本部代表挨拶-

女性研究者研究活動支援事業(一般型)」事業期間満了にあたって -推進本部代表挨拶-

On April 5, 2017, Posted by , In お知らせ, With No Comments

平成26年度「女性研究者研究活動支援事業(一般型)」に採択された後、約2年半の事業期間が瞬く間にすぎ、このたび推進本部の事業期間が満了しました。
また、活動報告書も完成いたしましたので、ご覧くださいますようお願いいたします。
皆様のご理解とご尽力のおかげで、男女共同参画推進センター、女性研究者研究活動支援事業推進本部と生田分室の開設などの環境整備、両立支援制度の実施などによって、男女共同参画推進の基盤を構築することができたかと考えております。とくに、両立支援制度では、研究補助者の派遣が必要な研究者へ研究補助者を派遣するサイエンス・サポーター制度の構築、病児・病後児や夜間保育を含めた保育費用補助制度、研究者のメンター制度など多様な取組みを実施することができました。
この結果、本事業採択時に掲げていた「全学女性教員比率20%、女性教員採用比率25%、理系女性教員比率15%、理系女性教員採用比率30%を達成することを目指す」という数値目標に対して、女性教員採用比率については、目標(25%)をはるかに上回る数値が得られて早々と目標を達成することができました。全学女性教員比率も18.9%(2016年5月1日現在)と過去3年間で最高となりました。理系分野でも、目標値(各15%、30%)にあと一息の状況です。
今後も、男女共同参画を一層進めて、男性教職員を含めて成果が実感できるまで、粘り強く取組みを続けてゆかなければなりません。
男女共同参画推進からダイバーシティの確立に発展させつつ、一丸となって進んでゆきたいと思います。
学長・副学長、教学企画・総務課等の皆さま、男女共同参画センター運営委員、女性研究者研究活動支援事業推進本部委員会委員、スタッフの皆さま、種々のシンポジウム等にご協力くださいました官庁、地方自治体、他大学等の皆様など、これまでお世話になりましたすべての方々に心よりのお礼を申し上げるとともに、これからの取組みについても、ご協力とご支援をたまわれますよう、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年3月31日

男女共同参画推進センター女性研究者研究活動支援事業推進本部代表
男女共同参画推進センター副センター長
辻村 みよ子

Comments are closed.